ようこそバストアプと戦えへ

バストアップと遺伝

バストが大きいのは遺伝であるのか?
これ気になりますよね。確かにバストの大きい母にはバストの大きな娘。いますいます。ま、胸骨、胸筋などの骨格の遺伝というのは、多少あるようですが、バストが大きいのは必ずしも遺伝という関係にはならないそうです。
遺伝ではなく、同じ屋根の下に住んでいるということなんで食生活が関わってきてるといっても過言ではありません。

私の友人には、母親はペチャパイなのに、友人は巨乳って子がいるんです。それは母親が羨ましがるほどでグラビアにでもなれるんじゃないかっていうほど!これで遺伝ではないと言う事がわかりますよね。他、数名同じような子がいます。

遺伝ではないということは、何と関係あるのかって気になりますよね。それは・・・やはり成長期の時が大切。何度も成長期が大切と言っていますが、コレって本当にバストアップするのに大事な時期なんです。
成長期というのは、女性ホルモンの分泌が一番増える時期です。その時は、女性の体に向けて丸みを帯びてくるのです。丸みを帯びるというのは、太ることではなく、出るとこはでてくる言わば、ボンキュボンの体型に近づいてくるということですよ。しかーし、その成長期の時期にストレスがたまっていて精神的なバランスを崩してしまったり、または激しい運動をしていると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、うまく分泌も行えなく、女性としての丸みを帯びた体型が作れない=バストが大きくならないということになってしまうのです。

成長期の時期って部活に没頭する時期ですよね。その部活が厳しすぎると、将来的にバストが小さくて悩んでしまうということがおこるのです。ん、部活をするなとはいいませんが、それを補うように食事であったり、マッサージなどをする方法でバストアップに近づくように努力するといいと思います。

Favorite

大宮 美容院

2017/8/24 更新

フルーツ
copyright c 2009 the BustUp Allrights Reserved.