ようこそバストアプと戦えへ

バストアップとエクササイズ

バストアップの為のエクササイズやったことあるって人ほとんどいるのではないでしょうか?
垂れてきたバスト、ハリがなくなってきたバスト、形が悪くなってきたバストをエクササイズをしてバストアップをしてみようということです。
もともとバストと言うのは90%脂肪でできており、残り10%は乳腺です。その脂肪を支えれるのが大胸筋と呼ばれる筋肉です。ということは、大胸筋が衰えていると、バストの垂れ、ハリ、形も衰えるということです。となるとせっかくあるバストが台無しになってしまうということ!だから、まずは大胸筋を鍛えることをオススメします。

大胸筋を鍛えよう

大胸筋を鍛えるには、やっぱり腕立て伏せが一番です。膝をつけての腕立て伏せで構わないので、頑張ってみましょう。回数は1日20回程度で、回数を多くこなすということよりも、ゆっくり時間をかけて大胸筋に意識をもっていくようにしてすることです。大胸筋を鍛えるのにやっている腕立て伏せが、力のいれど頃によっては二の腕の下の部分を力が入りすぎてしまっている場合もあるので、気をつけましょう。しかし、腕立て伏せをすることで、二の腕まで細くなりますので、一石二鳥ですよ。
また、早くバストアップをしたいという気持ちで頑張りすぎていると、今度は筋肉を作ってしまって、バストが硬くなってしまうということも・・・。
ある程度、バストアップをしてきたのを保つ程度でしましょう。

私の知り合いで、垂れ乳を改善ということで、やり始めた腕立て伏せですが、次はお尻をキュッとアップさせたいということに、それからお腹も引き締めたいということになり、それがどんどんエスカレートしていき、いつの間にかジムに通いだすようになり、筋肉バカになっちゃった知り合いがいました。それはちょっといき過ぎですが、バストアップの道からズレないように、あなたもバストアップに向けて頑張ってみましょう。

Valuable information

柴犬のブリーダー

2018/10/5 更新

フルーツ
copyright c 2009 the BustUp Allrights Reserved.